レビトラのジェネリック 性生活を充実させる

勃起作用のメカニズム

勃起は中枢性あるいは局所性の神経刺激によって、神経終末及び内皮細胞から一酸化窒素が放出され、サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)という酵素が倍増することによって、陰茎海綿体の癖活菌が弛緩して発言します。

 

通常、cGMPは海綿体平滑筋内で主に、PDE5という酵素によって分解され、調節されています。

 

勃起は自然な性的刺激を受けたのちに陰茎帆副交感神経が、神経伝達物質のアセチルコリンを遊離することから始まります。

 

アセチルコリンは、作動性神経及び海綿体内皮細胞に作用して一酸化窒素を放出します。

 

一酸化窒素はぐアニル酸シクラーゼという酵素を活性化し、GTP(グアノシン三リン酸)からのcGMP生成を促進し、海綿体の平滑筋細胞中のcGMPの量を増加させます。

 

cGMPがそうかすると、カルシウムイオンが貯蔵場所である筋小細体に取り込まれます。

 

平滑筋細胞はカルシウムイオンが結合することにより、収縮単位であるミオシン(筋肉の収縮に関するたんぱく質)とアクチン(筋肉の構造たんぱく質の一種)が架け橋を形成されず、平滑筋細胞は弛緩します。

 

その結果、海綿体の動脈および陰茎海綿体洞に血液が流入して陰茎が膨張します。陰茎内腔が血液で充満すると、陰茎海綿体から流出静脈が圧迫され受動的に閉塞すること(静脈閉鎖機構)によって、勃起のプロセスが完成します。