レビトラのジェネリック 性生活を充実させる

バイアグラと硝酸塩が合わさる事例

バイアグラと硝酸塩が合わさる事例

バイアグルら服用患者に対する、救急医の先生が適切な診断と治療判断を下さなければならないシナリオです。

 

自宅で硝酸塩とバイアグラを服用した男性がひどい低血圧症になって、救急病院に運ばれてきた。ファイザー社はバイアグラを処方される可能性のある先生や服用の可能性のある患者に対して、硝酸塩が禁忌薬品であることを伝えていくつもりです。

 

しかし、それでも、硝酸塩を使用しているか、少なくとも使用する可能性がある人がバイアグラを服用することが考えられます。

 

例えば、アンギナ(狭窄感を起こす病状の名前、普通には咽頭の炎症、特に扁桃腺炎を言う)の病歴を持つ患者がバイアグラを服用して、性行為を行ったとします。

 

この行為に伴う酸素消費によってアンギナの発作が急に始まることになれば、体内にまだバイアグラが残っているうちに、舌下ニトログリセリンを服用することになり、この患者は急性の低血圧になる可能性があります。

 

血圧が急激に低下した結果は様々で、全く何も生じないこともあるし、めまいや軽い頭痛のような低血圧症を示すこともあれば、失神、冠動脈の潅流、低下や心筋梗塞の症状を示すこともあります。このような患者はすぐに救急車で救急病院に運んで治療する必要があります。